fc2ブログ

錬心舘 名古屋支部

一般社団法人全日本少林寺流空手道連盟錬心舘名古屋支部のブログです

支部の歴史

錬心舘名古屋支部は、2004年に濱田先生と井崎先生が錬心舘福岡県連合会の直轄支部として立ち上げられたのが始まりです。

中央右濱田顧問、中央左井崎顧問
左端、現支部長 鈴木勝統
東海地区に種を撒かれた2人の意思を引き継ぎ、現在、名古屋市北区、大治町の二つの道場で幼児から一般まで、40名弱で活動しております。
日本各地区で学んだ拳友の繋がりで、愛知、三重、岐阜の4支部で毎年2回大会を行なっております。
2018年度、節目の大会に、三代目御宗家、保勇三10段範士をお招き出来ました。
  1. 2030/10/01(火) 01:01:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

入会ご案内

錬心舘名古屋支部のブログの閲覧有難うございます。
全日本少林寺流空手道連盟錬心舘の理念、歴史は本部のHPに頼ります。

https://renshinkan.org/

我々は伝統有る錬心舘の1支部です。
下記の場所、日時で稽古をしています。
⚫︎大治道場 空手道(大治町)
毎週土曜日
18:00-21:00
西條防災コミュニティセンター

⚫︎城北道場 空手道(名古屋市北区)
毎週日曜日
15:00-18:00
北スポーツセンター第二競技場(名古屋市北区)

※事情により曜日、時間帯、場所が変わります。稽古日程をご確認下さい。
※稽古施設に問い合わせの連絡はしないで下さい。
錬心舘空手道の学びの中で、切磋琢磨出来る全国、世界の拳友との繋がりが有ります。
錬心舘名古屋支部は親子で空手を学ぶ方もいます。見学、体験入門大歓迎です。
その際はご連絡下さい。
メールアドレス
renshinkan758@gmail.com





指導員
鈴木勝統
  1. 2030/02/01(金) 01:01:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

第2回少年少女とうかい空手道大会

3/10(日)大治スポーツセンターメインアリーナで第2回少年少女とうかい空手道大会を開催しました。
前日よりの準備設営、当日の審判、スタッフ、片付けのご協力感謝申し上げます。皆さまありがとうございました。


早春、春の気配を感じながらもこの日は早朝よりかなり冷え込みました。悪条件の中、主役の子供達、一生懸命日頃の成果を発揮してくれました。




Edit






結果が伴った子、残念ながら届かなかった子、様々ですが預かる支部長としては全員を誉めたいと思います。みんながんばりました。




先輩の演武も素晴らしかったです。




継続の証として中学3年生に贈られる『優秀努力賞』を名古屋支部から1名受賞頂きました。学業、部活動ある中良き手本となり後輩を導いてくれました。


勝ち負けが全てではありません。実行委員長の言葉にもありましたが失敗を恐れず挑戦する心、立ち向かう強さ、相手を敬う礼節を錬心舘の空手道を通して学んでもらえたら幸いです。
今日はみんなの頑張りが見れて幸せでした。
また次の目標に向けて名古屋支部みんなでがんばりましょう!

  1. 2024/03/15(金) 15:59:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

2024寒稽古

2月4日(日)東海地区合同寒稽古を行いました。朝方、小雨が降りましたが準備の段階で晴天となりました。













幼児から一般部まで、澄んだ空気の中稽古を行いました。開始から寒さは感じず稽古を進める中で心地の良い一体感の中、拳友と汗を流せた事は幸せでした。
いつもとはまた違う感覚で稽古に取り組めたと思います。


稽古後は保護者の皆様が用意して頂いた温かい食事を頂きました。ご協力ありがとうございました。

能登半島地震で被災された方々へのお悔やみと1日も早い復興と安息を願います。
稽古を頑張る子供達、稽古後に仲間と楽しそうにいつまでも走り回る子供達の笑顔に元気をもらいました。
日々の生活に感謝をし1日1日を大切に悔いのないよう生きる。指導者として錬心舘の五省訓を思い起こす事でした。
一年、みなで頑張っていきましょう。
  1. 2024/02/05(月) 08:25:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

2023年稽古納め



12/23(土)を持って名古屋支部稽古納めとしました。大治道場、城北道場合同です。
基本、前進後退、拳手法100回を2支部道場交互で目指します。






みんなで頑張りました。挑戦することへの楽しさを感じてもらえたかな。頑張る姿は凛と美しい。




目標達成後は試割。
稽古納め後はクリスマス会を行いました。
保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。
迷いの中で光明を探します。
私はそれを自身の門下生に見ました。
子供達、門下生にとってその光になれたら道場を持つ意義を掴めます。
今年一年全てのことに感謝申し上げます。
ありがとうございました。
錬心舘名古屋支部 鈴木勝統
  1. 2023/12/26(火) 12:00:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ